[Å] 竹の粉と宮川の水を使ったブランド米を宮川TKが作る理由 #大台町PR 

この記事は観光・旅行 – あかめ女子のwebメモの「[Å] 竹の粉と宮川の水を使ったブランド米を宮川TKが作る理由 #大台町PR 」より許可を得て転載しています。

竹の粉と宮川の水を使ったブランド米を宮川TKが作る理由 #大台町PR 

三重県大台町にある株式会社宮川TK(以下、宮川TK)。宮川TKは竹を粉にした「竹の粉」を使用した新たなブランド米作りの他にも、竹粉末パウダー(食品)や竹ぬか床(漬物)、竹粉末肥料、ちくふん堆肥(竹・牛糞)などを製造・販売しています。

町内の衰退する農家、担い手を確保できない農家などの収益を少しでも増やせればという思いでブランド米作りを始めたと話す宮川TK 代表取締役の野呂 和敏さん。

ブランド米作りに関するお話や竹粉堆肥ができるまでのお話を伺って来ました。

ブランド米作りに初挑戦

株式会社宮川TK

衰退していく農家。放置竹林の問題。農家の収益を増やすために腰を上げたのが宮川TKの野呂さん。

竹を切る人が減っている今日、大台町の竹林整備をしながらブランド米を開発し、農家の皆さんの収益が少しでも増えればという思いで初めてのブランド米作りを開始。

竹林は放っておくと、田んぼや畑、家の方まで生え、中には24時間で1メートル伸びる成長力を持った竹もあるそうです。

じょうぶな竹が田畑や家まで伸びて来たら危険ですし、何かしようと思った時に竹で土壌がめちゃめちゃになっていたら何もできません…。そうならないためにも竹林整備は常日頃から大切なのです。

ブランド米について

ブランド米について

宮川地域に多い妄想竹を宮川TKで加工した「竹粉堆肥」と宮川地域を流れる日本一の川「宮川」のお水を使用して作られた宮川TKのブランド米。

竹粉堆肥を使用することで土の中の乳酸菌が増え、殺菌効果で土の中の病原菌の繁殖を防ぎ、肥料や農薬の量を減らせます。さらに竹の粉はアミノ酸を増やす力もあるため出来上がったお米には甘みや米の粘り、モチモチとした食感になるそうです。

お米作りの水田には、宮川地域を流れる日本の清流「宮川」の綺麗なお水が使用されています。綺麗な水があるからこそ作れる食材もあるほど農作物に水は大切な役割を果たします。

森の番人を作る「有限会社 森と水を守る会」でもお米と水のお話を伺ったのでもご興味のある方はご覧ください。

[Å] 日本一綺麗な川から生まれた「森の番人」について聞いてきた! #大台町PR

[Å] 日本一綺麗な川から生まれた「森の番人」について聞いてきた! #大台町PR

ブロガーサミットの一環で三重県大台町の商工会よりご招待をいただき三重県大台町にやって来ました! 三重県大台町にある宮川は過去11回の水質調査で1位を取り、日本一綺麗な川とも言...

宮川TKの作るお米には他にもポイントがあります。

大台町は周囲1,000メートル級の山々が囲む地形で寒暖差と多雨な気候、霧の発生も多く食味向上に最適な条件が揃い、生産者ごとに食味検査を実施し独自の基準値以上の評価を受けたお米のみが出荷される徹底した食味検査や化学肥料や農薬を最小限に抑えた安全・環境へ配慮したお米作りをおこなっています。

他のお米では使用されていない「竹の粉」と現地で生で見たからこそわかる大台町を流れる美しい「宮川の水」を使用したお米。生産者たちの思いが詰まったお米の話をここまで聞いたら食べてみたくなります!

孟宗竹糞と宮川竹発酵土壌改良材の製造現場

宮川TKの製造現場

宮川TKの孟宗竹糞と宮川竹発酵土壌改良材の製造現場も実際に見せていただくことができました。

特別に見せていただいた発酵中の堆肥、これが予想していた以上に強烈な臭いでびっくり!笑 アルコールとヨーグルトを混ぜたような今まで嗅いだことのない臭いに一同悶絶!!

発酵中の堆肥

強烈な臭い堆肥が宮川TKさんの手にかかれば最終的には無臭のサラッサラの粉状に、体を張って凄さを体験できました。

続いてこちらは徹底した温度管理をしている場所です。手に持っても手に残らないサラッとした竹粉で土や木々の自然のいい香りがしました。

竹の粉

竹の粉

こちらは牛糞(牛は松坂牛)。糞と伺い抵抗があったものの臭いを嗅いでみると驚くほど全く匂いがない!こちらも竹粉同様にサラッサラとした粉状になっていました。

松坂牛の牛糞

撹拌機で徹底管理して作った粉末状の「竹の粉」と「牛糞」を混ぜて仕上げていきます。全工程から完成に至るまでには約1年かかるそうです。

撹拌機
竹糞 撹拌機
孟宗竹糞
孟宗竹糞 竹30% 牛糞70%
宮川竹発酵土壌改良材 孟宗竹
宮川竹発酵土壌改良材 孟宗竹

さいごに

自分のため(自社のために)にブランド米作りを始めたのではなく、その根底には衰退している農家の人々の暮らしを守るために始めたというお話が印象的でした。

ブランド米は現在、ネーミングを募集中です。今後の進展についてはFacebookで順次情報がアップされていくそうなのでぜひ覗きに行ってみてくださいね。

https://www.facebook.com/odaibrandmai/

今後は専用のホームページもオープンするそうです。竹の粉と宮川の綺麗なお水が組み合わさったオリジナルのお米、気になります!

三重県大台町 関連情報

[Å] 大台町 ブロガーサミットで情報発信をテーマに語る!当たり前のことも発信して欲しい #大台町PR

[Å] 大台町 ブロガーサミットで情報発信をテーマに語る!当たり前のことも発信して欲しい #大台町PR

大台町の商工会にご招待いただき三重県の大台町に3泊4日で行って来ました。街を取材したり、事業者さんからお話を伺ったり。 滞在3日目には商工会も初の試み「ブロガーサミット」で情...


[Å] 三重県大台町で誕生!柚子の精油を使った柚子香オールインワンジェルの香りがいい #大台町PR 

[Å] 三重県大台町で誕生!柚子の精油を使った柚子香オールインワンジェルの香りがいい #大台町PR 

三重県大台町で柚子を使ったコスメを販売している「あしたば事業部」に行ってきました! 三重県大台町は現在「柚子」にスポットライトを当てて街を盛り上げようとしている段階で、あした...


[Å] 大台町をゆずの街へ!特産品「ゆず」商品を作り続ける思い #大台町PR 

[Å] 大台町をゆずの街へ!特産品「ゆず」商品を作り続ける思い #大台町PR 

大台町の商工会にご招待いただき三重県大台町を訪れた私。滞在期間中は町内を見て回り取材や講演をして来ました。そして町の事業者さんを取材しているうちに初めて見えてきたものがありまし...

この記事も読んでみては?

あかめ女子のwebメモ

あかめ女子のwebメモ

日本全国

@mk_mizuho

 https://www.facebook.com/akamejoshi/

 akamephoto

2012年に開設した個人ブログです。旅行・グルメ・ガジェット・iPhone・カメラ(写真)などを中心とした情報を発信しています。自分が心の底からワクワク楽しむことを大切に、感情を乗せて記事を作成しています。iPhoneでブログを書く楽しさをブログに綴り続け、2014年「モブログ女王が教えるiPhoneブログ術」の書籍を執筆。 アウトドア好き・食べ歩き好きなので時間を見つけては県外へ。フリーランスのWEBデザイナーとして活動しながらブログを執筆しています。

«

»

Translate »
Translate »