【おススメ大分名物】お土産にだんご汁はいかが?作り方レシピをご紹介♪

この記事はまこぱぐの「【おススメ大分名物】お土産にだんご汁はいかが?作り方レシピをご紹介♪」より許可を得て転載しています。
SUMI

こんにちは!!大分県宇佐市在住のママブロガーSUMI@sumi.oitaです。

先日、大分のお土産名物『だんご汁』を九重夢大吊橋で購入した私( *´艸`)

今日はその『だんご汁』の作り方を全国の大分ファンの方へお届け♡

 

【おススメ大分名物】お土産にだんご汁はいかが?作り方レシピをご紹介♪

 

まず、『だんご汁』って何??って人がいるかもしれないのでご紹介します♪

img_3340
SUMI
だんご汁とは、大分県の郷土料理。小麦粉で作った平たい麵を味噌仕立てのスープに入れたもの。要するに、豚汁に平たい麵が入った味噌汁ってことです。

 

お土産屋ではこのような状態で売られていますよ。

出汁と生だんごが入っています♪

img_3313

では早速作っていきまーす!!

 

大分だんご汁の作り方

 

材料はこちら⇒豚肉・好きな野菜・生だんご

■豚肉(細切れでもバラでも何でもOK)

img_3312

 

■その他、野菜は冷蔵庫にあるものでOK!

今回私は↓シイタケ・シメジ・ニンジン・大根・こんにゃく・ゴボウ↓を準備。

img_3308

 

作り方① 野菜と肉を切っていきます♪大根と人参は短冊切りに♪

img_3311

 

ゴボウは灰汁がとても強い野菜なので必ず水につけておきましょう♪
img_3307

水に5分程浸したらザルにあげといてくださいね~。

img_3309

 

作り方② すべての材料が揃ったら炒めていきます

img_3315

 

大きな鍋に油をひいて肉⇒野菜⇒こんにゃくの順に炒めていきましょう!

img_3316 img_3317 img_3319

 

作り方③ 5分程炒めて油が全体に回ったら、水を入れていきます

img_3320 img_3321
水の量は野菜がひたひたに浸かるくらいがちょうど良いです。
img_3322

 

作り方④ このまま火が通るまで5分程強火で煮込んでいきます

img_3324

 

だんだんと灰汁が出てくるので必ず灰汁を取って下さいね。

img_3326

 

作り方⑤ 出汁の素を入れて更に中火で5分程煮込みます

img_3327

 

作り方⑥ 味噌を入れる

img_3335

 

作り方⑦ 別の鍋で生だんごを茹でる

img_3330

時々ほぐしながら7分~8分茹でていきます。

img_3334

茹であがった『だんご』は一旦ザルにあげといてください(*´▽`*)

 

作り方⑧ 茹でた『だんご』を味噌汁に入れる

img_3336

 

img_3338

 

作り方⑨ 出来あがり

img_3340 img_3339

 

matome

大分名物『だんご汁』いかがでしたか~??

冬はやっぱりこれが一番!!ってくらい私は大好きです( *´艸`)

とっても簡単に作れるし、とーっても食べ応えがあって美味しいんですよ♡

私がまだ子供だった頃、よく父が手作りでこのだんご汁を作ってくれていました。

 

心も体もあったまるだんご汁、大分へ遊びにいらっしゃった時はぜひお土産で購入されることをおススメします!

関連記事 あわせてどうぞ♪

【大分の観光】九重”夢”大吊橋の紅葉を見に行ってきました!見頃や駐車場など画像付でご紹介

2016.11.26

【大分・九重】九酔渓の紅葉見頃は?画像・動画付きでご紹介♪

2016.11.22

【写真付】宇佐神宮の紅葉に行ってきた!2016年の紅葉状況と2017年の見頃予想は?

2016.11.18

【詳細レビュー】大分県・秋の紅葉 !おすすめスポットを地域別にご紹介♪

2016.11.03

【写真付】深耶馬渓・一目八景の紅葉 2016!実際の見頃と駐車場の混雑をレポします♪

2016.11.07

大分県宇佐市「千財農園の藤」 2017年の見頃と混雑は?2016年は4月20日頃だった!

2016.05.05

 

 

まこぱぐ

まこぱぐ

大分県

@masutablog

 https://www.facebook.com/makopagu/

 sumi.oita

2016年4月に大分県宇佐市へ移住した30代夫婦のマス太&SUMIです。 地元宇佐市を中心とした大分の地域情報をメインで発信しております。 その他に自分達がいい!と感じた人・モノ・生き方、移住体験談、スクラップブッキングなどのコンテンツも書いています。 また毎回2000人以上の来客数をほこる宇佐市のイベント「USAフェス」では実行委員として運営に携わっております。 また福岡市で開催された西日本新聞社主催の「移住・定住セミナー」では宇佐市代表として登壇した経験もあります。

«

»

Translate »
Translate »