リコー THETA Sを買って360度写真の撮影を試してみた

この記事はおでかけの「リコー THETA Sを買って360度写真の撮影を試してみた」より許可を得て転載しています。

リコーの360度カメラ THETA S を購入しました。

Img_5136r

THETA Sの箱

Img_5132r

開封すると、THETA S本体、ソフトケース、USBケーブル、マニュアル類が入っています。

Img_5134r

 

 

THETAと同時に購入したのが、三脚穴が付いている自撮り棒Smatree SmaPole QS

Img_3029r

3本足が付属で付いているので、これを自撮り棒の底に取り付ける

Img_3033r

THETA Sを自立させることが出来ました。

Img_3035r

THETAだけでなく、スマートフォンも取り付け可能

Img_5142r

僕は持ってませんがGoProも取り付け可能

Img_3038r

ちなみに自撮り棒Smatree SmaPole QSにはBluetoothなどの機能は付いてませんので、シャッターは、スマートフォンで切ります。

もしくはセルフタイマーを使うと良さそうです。

 

実際に街に出て撮影してみました。

THETA Sを手で持って撮影すると、自分の手が映ってしまってなんともかっこ悪い

THETA Sを手持ちで撮った画像 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

自撮り棒Smatree SmaPole QSを手に持って撮影すると僕の頭が映っています。

THETA Sを自撮り棒に取り付けて撮ったところ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

Smatree SmaPole QSで自立させて、少し離れたところで撮影すると、結構良い感じ

THETA Sを自撮り棒に付けて自立させて、撮影者が離れたところ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

THETAで撮った360度写真はiPhoneに入れてあるGoogleのストリートビューアプリからアップロードできるので、Googleマップ上にも表示されます。

 

どうして、THETA Sを買ったかというと、Googleのストリートビューで360度写真が公開できるからなんです。

また、50枚の360度写真が承認されると、ストリートビューの認定バッジがもらえて、認定フォトグラファーになれるから。詳しくはGoogleストリートビューを御覧ください。

 

今回THETA Sと自撮り棒はAmazonで買いましたよ。


torishin

torishinプロフィール画像

自称「ご当地ブロガー(地域ブロガー)」のTorishin(トリシン)です。 茨城県守谷市を中心としたおでかけ情報&ご当地ネタ&グルメ情報をご当地ブログ(地域ブログ)として10年以上発信しています。 http://blog.torishin.info/


おでかけ

おでかけ

茨城県 守谷市

@torishin

 https://www.facebook.com/odekake.blog/

 torishinodekake

自称「ご当地ブロガー(地域ブロガー)」のTorishin(トリシン)です。 茨城県守谷市を中心としたおでかけ情報&ご当地ネタ&グルメ情報をご当地ブログ(地域ブログ)として10年以上発信しています。 

«

»

Translate »
Translate »