心に残る風景「十牛之庭」の紅葉を圓光寺の早朝特別拝観で撮りに行こう!1日限定70名のみ! #そろそろ京都紅葉

この記事は旅行記事 – 旅と写真とレビューのブログ「エアロプレイン」の「心に残る風景「十牛之庭」の紅葉を圓光寺の早朝特別拝観で撮りに行こう!1日限定70名のみ! #そろそろ京都紅葉」より許可を得て転載しています。

Morning Enkoji in Autumn 圓光寺秋の早朝特別拝観

京都にある圓光寺には、「十牛之庭」と呼ばれる、大変に素晴らしい庭があります。当然ながら紅葉も大変に素敵で、穴場とはいえとても多くの人が訪れる、季節を代表する借景となっています。

この圓光寺の赤く染まる庭を、たったの70人で90分間独占することができる特別な機会。それが紅葉の時期のみに実施される、早朝特別拝観です。

人混みから解放され、素晴らしい景色を心から堪能する

Morning Enkoji in Autumn 圓光寺秋の早朝特別拝観

この特別拝観、もちろん写真を趣味とする人間にとっても素晴らしい機会ではありますが、なにより景色をゆっくりじっくり、静かに堪能できるという点が本当にありがたい。

 

Morning Enkoji in Autumn 圓光寺秋の早朝特別拝観

ただ庭を歩くだけでもこの景色。誰かと肩がぶつかる、みたいなシチュエーションは皆無です。ちなみに写真は2年前にこの早朝特別拝観に参加したときのもの。

Morning Enkoji in Autumn 圓光寺秋の早朝特別拝観

もちろん紅葉のタイミングもありますが、この満足感…!

 

Morning Enkoji in Autumn 圓光寺秋の早朝特別拝観

散りもみじもまた美しく。

Morning Enkoji in Autumn 圓光寺秋の早朝特別拝観

心憎い演出もあり。

Morning Enkoji in Autumn 圓光寺秋の早朝特別拝観

別の和室から見た庭も最高なのですが。

 

Morning Enkoji in Autumn 圓光寺秋の早朝特別拝観

やっぱりこの十牛之庭の眺め、かなあ。

なおさすがにここの和室には人が溜まってしまいますが、みんな譲り合って楽しむことができますので、安心です。これがたった70名、という魅力ですねえ。

 

エアロプレイン雑感

個人的には京都で最も好きな庭のひとつです。

ぜひみなさんにもこの狭き門をくぐり抜けて、参加して欲しいなあと思っています。

なお2016年につきましても要項が発表されています。

以下、圓光寺のFacebookページより引用。

< 2016年 秋の紅葉特別早朝拝観 >
今秋の早朝特別拝観のご案内です。

(1)開催期間 : 11月18日(金)〜27日(日)
(2)拝観時間:午前7時30分〜
*午前9時より通常拝観も行っております
(3)人数:70名限定/1日
*受付にて予約番号を告げ、拝観手続きをしてください
*当日券はございません
(4)特別拝観料:1,000円/1人
(5)応募方法
・受付開始日:10月20日(木)〜
・受付時間:午前9時〜午後5時
・応募方法:電話 075-781-8025

*2回線のみの対応のため、電話がつながりにくくなりご迷惑をおかけします

075-781-8025

2016年秋の早朝特別拝観特設ページ

http://www.enkouji.jp/autumn.html

 

なお、予約は大変なので、お金で解決するという方法もあります。キヤノンがEOS学園オンラインの実習にて、圓光寺 早朝特別拝観での撮影の機会を提供しています。こちらは参加費用さえ払えば必ず参加可能です。
宿の都合もあるので、予約できないリスクが…と考える場合は、こちらがいいのかも。

キヤノン:特別企画「圓光寺貸切」晩秋の京都・早朝紅葉撮影講座in圓光寺 11月23日(水・祝) | EOS学園オンライン

僕も本気で参加しようかどうか検討中。実は上記写真だと「牛」の石がいいところに置けてないので、リベンジしたいのですよね…。うーむ。

 

圓光寺

瑞巌山 圓光寺 |  Zuiganzan Enkouji Temple

 

 

エアロプレイン

エアロプレイン

埼玉県 さいたま市

@norio_airoplane

 https://www.facebook.com/airoplane.net/

 norio_airoplane

ブログ「エアロプレイン」は、2000年に開設され、16年以上続いている旅と写真とレビューのブログ。日本国内外を旅行し、グルメ情報や観光情報などを写真軸で紹介するほか、国内外観光行政からのツアー参加依頼も多い。 筆者はR25やネット誌などで長年活躍したライターで取材が得意。またiStock登録フォトグラファーでもあり、年間数万枚の取材および撮影活動を続けている。Yahoo!個人ニュースオーサー。たびねすホテルナビゲーター。Linkトラベラーズ編集長。

«

»

Translate »
Translate »