選挙におけるネット活用の体験記

この記事はさんななろぐ(3x7log)の「選挙におけるネット活用の体験記」より許可を得て転載しています。

ネット選挙が解禁されてから初めての市長選挙。
(「ネット選挙が解禁」は、正しくは「インターネット選挙運動解禁に係る公職選挙法の一部を改正する法律」というらしいです、http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html)
信じられないことに、4年前の前回の選挙では、候補者を選ぶ選択肢として、インターネットの活用が認められなかったということなのですね。

今回は、インターネットやSNSがなければ、絶対勝てなかった選挙です。インターネットをどのように活用したかの体験記、これから選挙に立ち会う方のお役に立てれば幸いです。

今回の運用ツール

最初にあったのは、ホームページと、Facebookページでした。
その後、Facebookをしていない層向けへのアプローチとして、YouTubeチャンネル、Twitter・Instagram、外部ブログ、最後に選挙期間用ホームページを立ち上げました。

Facebookページ

Facebookは、もともと一番力を入れていた分野でもあり、今回もFacebookをメインに展開しました。
候補者自ら、地域のグループでオフ会などにも参加したり、出馬宣言の1年ほど前からリアルで人脈を築いていました(私もその中でお友達になった一人です)。
ただ、Facebookをしている人はかなり限られます。日本人人口の1/10と言われており、さらに日常使用している人は、その何割かとなるのではないでしょうか。

それでも、その何割かの人が、講演会を設定したり、Facebookをしていない層へのアプローチも積極的にされていました。
こちらは、旬な話題への火付け役だけ。



本人がある程度の人脈の土台を作り、そこから思いが同じ人を作り、広げていく
ことが全てだと思います。



あと、Facebookページでのライブ動画は、絶対試したほうがいいです。
あまり何度もやるとしつこくて嫌がられるので、ここぞ!というときにやりましょう。多くて1日1回か2回まで。

Facebookページの「ライブ動画」、実況中継できてさらに宣伝効果がハンパなかった件
Facebookに「ライブ動画」機能ができたのはご存知でしょうか? これを使うと、なんと、実況中継ができてしまうのです!!! Wonder...
Facebookページの投稿も、1日4投稿以内に抑えたかったです。最後のほうは管理者がなぜか増えてしまい、統制が取れなかったのが残念でした。

ホームページ


後援会のホームページは、政策を伝えたり、後援会入会やボランティアの申し込み、活動資金の援助依頼等の目的で開設していました。Facebookをしない層へのアプローチという役割もあります。

余談ですが、このホームページは、CMS。だけど、自分で更新できない(するのが難しい)不思議なCMS(笑)。
これで運用できるよう1ヶ月くらい頑張りましたが、近年のホームページに必要な機能がかなり欠けており、やむなく別に無料のレンタルブログを立ち上げることにしました。

ホームページはホームページで、必要とする情報がひと目で見やすいので、残しておきました。

YouTubeチャンネル


YouTubeを見る層向けに、YouTubeチャンネルも作りました。ホームページや他SNSへのリンクも漏れなく設定しました。
既にプロが作ったPR動画や政策提言、家族からの一言や、式典での一言、YouTubeライブも行いました。
やはり、動画はわかりやすく伝わりますので、積極的に活用すると良いでしょう。

ただ、敵陣営を見ながら後日反省したのですが、選挙期間前のライブ配信はできれば避けるべきでした(Facebookライブ動画も)。動画を撮ったら必ず公選法に詳しい人にチェックしてもらい、それから掲載するようにしたほうが良いでしょう。

選挙期間用ホームページ


後援会ホームページと並行して、新しく選挙活動用ホームページを立ち上げることにしました。
後援会ホームページを選挙活動用ホームページにしてしまうと、後援会ホームページの役割である「後援会入会」「資金援助」等ができなくなるためです。また、後援会ホームページのドメイン名は、候補者名とかけ離れたドメイン名でSEO的にイマイチということもありました。(突然開設したホームページでは、どちらにしてもSEO的に不利ですが。)

1週間ちょっとのために独自ドメインを取るのもはばかられたので、無料ホームページで対応。

これは、みーな推しの「crayon」で作りました。
地元企業が作るソフトなので、政策にもある地域経済活性化という意味でも、最高の選択肢だったと思います。なにせシンプルな作りで作りやすい♪
静岡の地元企業が作ったホームページ作成アプリ「crayon」の良さを語ります!

選挙期間が始まったら、各SNSも一斉に衣替え!


選挙期間になると同時に、Facebookページ等の名称を、後援会名から本人名としました。併せて、カバー画像、ホームページのURL等も変更。
これを選挙期間開始日の、ポスター番号通知後(8時半頃)に、速やかに行いました。



ここからはやっと、「◯◯選挙に立候補致します、◯◯です。応援よろしくお願いします!!」と堂々と言っていい期間の始まり、各SNSやホームページでも積極的に訴えていきました。

投票率UPの呼びかけ


無党派層をいかに取り込めるかが当落を分けると思っていたので、投票率を上げるための呼びかけは積極的に行いました。

期日前投票

沼津市には5箇所あるようです。
市ホームページの「投票所一覧」を記載し、Facebookページ等で期日前投票を促しました。今回は、期日前投票の割合がかなり高かったようです。
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/commit/senkyo/tohyojyo/index.htm

不在者投票

この不在者投票は、私も今回初めて知りました。

  • 住民票が市内にある人が、市外で暮らしている場合
  • 選挙期間中、入院していたり具合が悪く外出できない場合
  • 上記のようなケースの場合、書類を取り寄せて、投票所に行かずとも投票することができます。入院中である場合は、病院で投票の対応をしていただけるようです。沼津市の場合は、以下のとおりです。
    http://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/commit/senkyo/touhyo/kijitu.htm

    センキョ割

    投票後、「投票証明書(通称:済証)」をいただき、それを対象店舗に持参するとお得なサービスを受けることができるというもの。
    9月中から言い出してはいたものの、実際表に出てきたのは選挙期間に入ってから…。それもFacebookページで見にくかったので、急いでホームページを作りました。これは選対の仕事としてではなく、個人で自主的にやりました。
    http://senkyowarinumazu.xyz

    資金援助が見込まれないので、99円の「.xyz」というドメインで作ったら、Facebookに怪しいホームページ認定されてしまいました(泣)。やたら変なドメインでホームページを作らないよう気をつけたほうがいいです。

    投票日は更新不可


    選挙期間終了後(拡声器は20時終了ですが、ネット上の活動は23:59までOKです)、投票日当日は、ホームページ、Facebook等の更新はできなくなります。

    また、投票日は、特定の支援者の応援をすることはできません。 シェアはもちろん、コメントやいいね!も控えてもらうようにしましょう(Facebookは、いいね!するだけで友達に流れますから)。
    このことを支援者の方に周知徹底しておくことがとても大切です。(周知徹底したつもりでしたが、当日、Facebookページをシェアした方がいましたねー…)

    当日できることは、個人レベルで、「選挙に行きましょう」の呼びかけを積極的にするのみです。



    選挙終了後、翌日には「選挙用ホームページを閉じる」と「Facebookページ名を戻す」ことを計画していましたが、Facebookページのあまりの盛り上がりに、3日経った今も何もできずにいます(^^;
    閉じるほうはしなくても法的に問題はないようなので、今週末まで様子見します。

    まとめ


    メディア担当だけがいくら頑張ってもダメで、メディア担当ができることとすれば「投票する人が知りたい情報を確実に載せること」「旬な火種があれば追従すること」ぐらいです。

    あとは、支援者の方、拡散お願い!!!
    と、リアルにお願いすることもあれば、こちらの意図を汲み取って知らず知らずのうちに活動していただける方もたくさんいらっしゃいました。
    選挙に積極的に関わろうとする人は、それでもそれなりに高齢な方が多いので、シェア・リツイートしていただける支援者の方は本当に有難かったです。会う度にお礼言ってました(笑)。

    そうそう、選挙事務所ってギスギスした場所なので、誰にでもニコニコしながら「いつもありがとうねー」と言うことがとても大切です。
    あと、出しゃばらないこと。特に選挙になると口だけ出すって人があまりに多すぎるので、中の人はとても困ります。選挙に関わることになったら、ちょっとはそういったことも考えてあげていただければ、中の人はスムーズに仕事ができるようになります。

    さんななろぐ

    さんななろぐ

    静岡県 沼津市

    @miina_3737

     https://www.facebook.com/3x7log/

     

    沼津市内でiPadのコミュニティを共同運営している関係で、もともとApple製品の使い方がメイン。2016年より沼津市観光団体「燦々ぬまづ」で沼津の情報をソーシャルで発信する「SunSunSNS部」担当、当ブログでも沼津市の情報発信にも力を入れはじめたところです。

    «

    »

    Translate »
    Translate »