ふわっと広がるスモークの香りにピリッと後引くペッパーの辛さ。食べ応え抜群の比内地鶏くんせいブロックを贅沢に食べてみた

この記事はCLOCKNOTE(クロックノート)|これからの秋田の魅力を旅するウェブ情報誌 » 特産品・お土産の「ふわっと広がるスモークの香りにピリッと後引くペッパーの辛さ。食べ応え抜群の比内地鶏くんせいブロックを贅沢に食べてみた」より許可を得て転載しています。

CLOCK NOTEをご覧の皆様おはこんばんちわ!アリマックス(@chesmin2009)です。

ついにです……。

ついに私の家にグルメ調査品として、編集長から 「肉」 が送られてきたのです。

しかも今回グルメ調査させていただくのは、あの有名な比内地鶏のくんせい。私は鶏肉も好物ですし、くんせいも好物なのです。こんな嬉しいことってあるんですね。

というわけで本日は「秋田高原ハム 比内地鶏くんせい ペッパーブロック」の紹介です。

そもそも比内地鶏って?

鶏 - にわとり

比内地鶏は薩摩地鶏や名古屋コーチンと並んで日本三大地鶏の1つと呼ばれている地鶏で、比内鶏の選抜優良種「秋田比内鶏」のオスと、アメリカのロードアイランドレッド種のメスを掛け合わせた品種だそうです。wikiによると…

「歯ごたえはあるが加熱しても固くなり過ぎず、肉の味が濃い」、「濃厚な脂の旨み」など、比内鶏の特長を色濃く受け継いでいる。

引用:比内鶏 – ウィキペディア

とのこと。気になる特徴としてはやはり「濃厚な脂の旨み」という点。スモークにすることで甘みがさらに凝縮されているのではないかと期待が膨らみます…!

そのままかぶりつきたくなるほどのボリューム感

比内地鶏くんせいはピターッと真空パックされた状態で届きます。内容量は172gと結構なボリューム!ペッパーがかかっている比内地鶏のその姿に早くも食欲がそそられます。

お肉が届いた喜びが漏れ出してしまっていますね。

比内地鶏くんせいパッケージ

袋から取り出してそのまま食べることができるので、よっぽどブロックのままかぶりついてやろうかと思いましたが、そこはしっかり調査しなければならないので踏みとどまりました。

濃縮された旨味、シッカリとした食べ応え

贅沢にぶ厚くカットしてお皿に盛り付けてみました!綺麗なピンク色に輝く比内地鶏はとっても美しいですね〜。

皮目がしっかり残っていて、そこにペッパーがたくさん振られています。

比内地鶏くんせい盛り付け

比内地鶏くんせい盛り付け

ふわっと広がるスモークの香り。後を引くピリッとしたペッパーの辛さ

口へ運ぶとふわ〜っと広がるスモークの香り。そしてしっかりとした歯ごたえ。噛めば噛むほど濃縮されたうまみを感じることができます。

比内地鶏くんせいリフトアップ

比内地鶏くんせいリフトアップ

ペッパーは見た目以上にシッカリ効いていて、後を引くピリッとした辛さがとても良いアクセントになっています。単体でおかずとしても成立するボリュームでかつ、お酒のおつまみにもピッタリな味付けです。

なるほどこれが比内地鶏くんせい……やるじゃないか。

シズル感アップ!炙っても美味しいぞ比内地鶏くんせい!

ふと、カットした比内地鶏くんせいをトースターで数分炙ってみたりしてみたのですが、これがまた美味い!あまりのシズル感に皿にも移さずトースターの前で食べてしまいました(笑)。

ジューシーさを味わいたい方は、ちょっと炙ってみるのもおすすめですよ!

シズル感たっぷりの炙った比内地鶏くんせい

シズル感たっぷりの炙った比内地鶏くんせい

まとめ

今回は秋田高原ハム 比内地鶏くんせい ペッパーブロックをご紹介させていただきました。濃縮されたうまみと食べ応えを痛感させられましたね。

おつまみやご飯のおかずはもちろんですが、カットしてパスタに入れて比内地鶏のスモークパスタなんて作ってみてもいいかもしれません。

今回紹介した商品を食べたい!興味がある!という方は以下のリンクよりチェックしてみてください。

それでは今回はこの辺で、アリマックス(@chesmin2009)でした。

CLOCKNOTE(クロックノート)

CLOCKNOTE(クロックノート)

秋田県

@komacchi18

 https://www.facebook.com/clocknote.akita/

 

フリーランスでWebデザイナーをしながら地域の魅力や課題を見える化し、地域を支えるインフラにするべく個人で当メディアを運営しております。飲食店や観光スポット紹介をはじめ、学生の取り組みを取り上げたり、役場、地域おこし協力隊の方への取材等も行っており、地域活性やまちおこし関連の話題にアンテナを張っている方々との関わりを深めながら取り組みを進めております。

«

»

Translate »
Translate »