【11/6まで】土日祝日限定で使える『北総線1日乗車券』が販売中!

この記事はモノログ千葉版の「【11/6まで】土日祝日限定で使える『北総線1日乗車券』が販売中!」より許可を得て転載しています。

【11/6まで】土日祝日限定で使える『北総線1日乗車券』が販売中!

既に販売が開始されていますが、北総線で使える1日乗車券が販売されています!
10月は北総線沿線でもイベントが多数開催されているので、移動の際には必ず使うようにしましょう!
【新米ママさん必見】10/30に道の駅やちよで子育てイベント『SMILE Fes』が開催されます!
10月15日・16日に千葉県立北総花の丘公園で『花と緑のフェスティバル』と『花の丘マルシェ』が同時開催!
白井市総合公園で10月29日(土)に行われるときめきマルシェ

『北総線1日乗車券』について

発売期間:2016年10月1日〜11月6日までの土曜日・日曜日・祝日限定
有効期間:発売当日1日限り有効
有効区間:北総線内(京成高砂〜印旛日本医大駅)
発売場所:北総線各駅窓口
払い戻し:有効期間内で使用開始前のもの限定で、北総線各駅(京成高砂駅を除く)で可能。払い戻し手数料220円がかかります。
発売金額:大人1,000円、小児500円

こういうケースは1日乗車券を使うべし

単純に移動交通費が大人なら1,000円、子供なら500円以上使う場合は無条件で使った方がお得です。
都内にでかけるならば絶対使った方がいいですね。
一番イメージしやすいのはスカイツリーや浅草などの観光に行く場合は使った方がお得です。

何パターンか例をあげておきます。
千葉ニュータウンから新鎌ケ谷まで往復行く場合 1,140円
新鎌ケ谷から京成高砂まで行く場合 1,140円
印西牧の原から東松戸へ行く場合 1,458円

など往復であればほとんどの区間はお得になりますね。
ぶらり途中下車などふだんできない事をしても楽しいでしょうね〜
北総線から他社線に乗り継ぎをして移動する場合は北総線の区間を越えた時点で別途運賃を支払う事もできるので、北総線沿線以外を使う時でもお得に活用ができます。
普段から車で移動している家族もこの気に北総線を使ってお出かけするのもアリですね♪
お父さん喜びますよ〜

Copyright © 2016 モノログ千葉版 All Rights Reserved.

モノログ千葉

モノログ千葉

千葉県 白井市・印西市・鎌ヶ谷市を中心とした千葉県

@monolog_chiba

 https://www.facebook.com/-1644751595749748/

 monolog.chiba

千葉県の白井市・鎌ヶ谷市・印西市を中心とした千葉県にあるお店・ご飯・イベント情報などを配信しています。

«

»

Translate »
Translate »