いろいろ違うのが気になる「天丼 金子半之助 神田小川町店」

この記事はまわりぶろぐの「いろいろ違うのが気になる「天丼 金子半之助 神田小川町店」」より許可を得て転載しています。

35686144713_619dc872ca_c

「今なら,行列,ほとんどないよ」と,友人から教えてもらった,神田小川町に新しくできた「金子半之助」。
1カ月に1回ほどお茶の水に行くので,ついでにと思って行ったら,ちょっと夕ご飯には早い時間だったのですが,本当にお客さんが並んでなくて,ラッキー!と思って,券売機でご祝儀価格だからしかたないかと,「松」+お味噌汁で1500円を投入。

Tendon Kaneko-Hannosuke 01
場所は,前に辻田系の肉そばのお店があったところ。靖国通りに面した人通りの多いところで,ちょっとびっくり。


Tendon Kaneko-Hannosuke 02
がりごぼうとタクアンは,ご自由にとカウンターテーブルに置いてあります。

Tendon Kaneko-Hannosuke 03
カウンターにセットされた,ペーパーナプキンとお茶碗

Tendon Kaneko-Hannosuke 04
そう,お茶は,黒豆茶。

Tendon Kaneko-Hannosuke 05
これ,美味いんだよね。なので,セルフサービスでも,ま,いっか。

Tendon Kaneko-Hannosuke 06
がりごぼうも,セルフサービス

Tendon Kaneko-Hannosuke 07
メニューは,こんな感じ。
日本橋のお店が,江戸前天丼950円なのを知っていると,「え?!」ってなります。
きっと美味しいんだよね。

そう,川崎で食べたときも,こんな気持ちになりました。

店の作りは日本橋よりも広くて,席の間隔もとってあるので窮屈さはなくていいのだけど,店内は油のにおいがたちこめてて,たぶん油の温度が高すぎるのかな。

店員さんに,どうも緊張感が足りないって言ってしまうのは酷かもしれないけど,日本橋のお店は皆さん,黙々と仕事をされていたのに比べると,やはりちょっと違う感じ。

Tendon Kaneko-Hannosuke 09
で,十数分待って出てきたのが,こちら。

撮影したカメラは違うけど,参考までに,
Edomae Tendon
川崎の金子半之助

Tendon
日本橋の金子半之助

からっと揚がった感じとか,艶とか,食材の食感とか,記憶の中で美化されちゃったのかもしれないけど,全然違う。
どうしたんだろ?

Tendon Kaneko-Hannosuke 10
天ぷらの衣が硬いのが致命的。これじゃ,穴子が浮かばれない。

同じなのは,丼が上げ底なこと。
でも,具だくさんなので,足りないと思うことはないのだけれどね。

コレド室町のお店に行ったときも思ったのだけれど,それぞれの店舗独自でやっていくような指令がだされているのかと思うくらい,統一感とかクオリティコントロールの甘さとかを感じます。

美味しくないわけではないのだけれど,日本橋のお店と比較すると,差は歴然とわかるくらい。
で,価格が一緒なら,まだわかるのだけれど,1.5倍高いとなると,行列がなくても,ちょっと納得できないな。

もっと美味しい天丼が食べたい。
これに,尽きます。

日本橋 天丼 金子半之助 神田小川町店天丼・天重 / 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅
夜総合点★★★☆☆ 3.1


- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -

希望するお店をネットから予約

まわりぶろぐ

まわりぶろぐ

東京都,千葉県,群馬県

@HAMACHI

 https://www.facebook.com/mawariblog/

 hamachi

各地のハロウィンの追っかけを10年以上しています。きれいにインパクトのある写真を撮ります。ユーザー目線の記事を書くのが得意です。

«

»

Translate »
Translate »