中高年者では歯周病がアルツハイマー病の悪化因子となる。

この記事はまわりぶろぐの「中高年者では歯周病がアルツハイマー病の悪化因子となる。」より許可を得て転載しています。
アルツハイマー、歯周病が誘発 九州大がメカニズム解明、関与の酵素特定

歯周病がアルツハイマー病を誘発するメカニズムを、九州大大学院歯学研究院の武洲(たけひろ)・准教授(神経免疫学)の研究グループが解明し、関与している酵素を特定した。

classical Dental treatment display case 02

すでに先行研究で,アルツハイマー病患者の脳から歯周病の原因菌「ジンジバリス菌」が見つかっていて,この「ジンジバリス菌」をマウスに投与することで,マウスが歯周病になり,さらにアルツハイマー病様の病態を示すこともわかっています。

「ジンジバリス菌」を投与したマウスの脳内では,「カテプシンB」と呼ばれる酵素が増大。「カテプシンB」がない状態なら,アルツハイマー病の状態にはならないことも確認されています。

中高年者では,特に歯周病がアルツハイマー病の悪化因子となる。

最後のまとめ方も良いですね。
この酵素の働きを阻害する食品や薬品の開発を待つより,「歯を磨け」とのこと

- 「まわりぶろぐ」トップページに戻る -


まわりぶろぐ

まわりぶろぐ

東京都,千葉県,群馬県

@HAMACHI

 https://www.facebook.com/mawariblog/

 hamachi

各地のハロウィンの追っかけを10年以上しています。きれいにインパクトのある写真を撮ります。ユーザー目線の記事を書くのが得意です。

«

»

Translate »
Translate »