毎週移住相談を受けるぼくが伝えたい7つのこと

この記事は愛しの糸島ライフの「毎週移住相談を受けるぼくが伝えたい7つのこと」より許可を得て転載しています。

福岡県の糸島よりこんにちは!

糸島移住5年目の本橋へいすけです。

 

移住相談はメールの問い合わせの他、ゲストハウスいとよりに泊まる方に夜ごはんを一緒に食べながら移住の相談を受けています。

 

いとよりは週末のみの営業ですが、ほぼ毎週移住希望者のゲストさんがおられます。

 

今まで移住の情報は具体的にブログにたくさんかいてきましたが、今日は視点を変えて移住にあたっての「気持ち」「心のなか」のことをお伝えしたいと思います。

 

個人的には移住の情報よりも大切かなぁと感じるんですね。

 

移住だけではなく、「仕事」「暮らし方」「人との関わり」などにも共通することかもしれないので、あなたの暮らしに少しでも参考になれば幸いです^^

目次

 

1.タイミング

f:id:motohashiheisuke:20170811220304j:plain

人にはいろんなタイミングがあると感じます。

 

「今」だと思えばそのタイミングを大切にした方がいいし、

まだであれば無理をして移住はしなくてもいいじゃないかなぁと......

 

そのタイミングはあなたが1番感じることができるはず。

 

 

2.住みかえはできる

f:id:motohashiheisuke:20170811220247j:plain

移住したら人生をコンプリート!もう変更できない!

ということではなく、

 

「合わなかったらまた別のところに住めばいい」

 

くらいの気持ちの方がいいかもしれません。

 

ぼくは今までいろんなところに住んで、結果的に糸島が心から好きだけど、あなたに合うかは正直ぼくにはわからないので......

 

糸島も場所によってだいぶ異なりますし。

 

   

3.直感は大切に

f:id:motohashiheisuke:20170811220416j:plain

直感ってなんとなくのようで、意外と正しいそうです。

なぜなら直感は今までの経験をもとに感じるものなので。

 

  • 糸島に来たとき
  • 電車から降りた瞬間
  • 町並み歩いたとき
  • 糸島の人と話たとき

 

その瞬間に感じる感覚を大切にされてください

 

あなたが感じた感覚が「好き」「心地いい」のであれば、

移住をしても「心地よい暮らし」ができると思います。

 

ぼくも移住した理由は、論理的な理由はいくつかあるけど、今住んでる駅に降りた瞬間の感覚が

 

  • 「あっ、好きだ」
  • 「気持ちいいなぁ」

 

だったんです。

その感覚は4年経った今でも変わらず「好き」で「心地いい」です。

  

 

4.移住前のつながり

f:id:motohashiheisuke:20170811220321j:plain

移住されて移住生活をエンジョイされてる方の共通点は、移住前に現地の人と繋がりがあること。

 

糸島で言えば 

  1. ゲストハウスに泊まる
  2. 糸島で月に1回ある「いと会」に参加する

 

【1】ゲストハウスに泊まる

ゲストハウスぼくが移住相談を受けているいとよりのほか

  • ゲストハウス小春さん
  • 前原ことのはさん

が親身になって相談に乗ってくれるのでおすすめです。

 

【2】いと会に参加する

東京から移住をされた方が主催して月に1度「いと会」という飲み会があります。

 

イメージでいうと「異業種交流会」と「飲み会」の間くらいの雰囲気。

移住者と地元の方が参加していて、移住前に行くと人の輪の広がり方がスゴイですよ。

 

 

5.糸島が最適かわからない

f:id:motohashiheisuke:20170811220157j:plain

ぼくにとっては糸島はすごい好きな場所。

人、自然、距離感、食べ物、店など......

 

今までたくさんのとこに住んできたけど断トツで1番好き。

 

でもそれは年齢やタイミングだったからかもしれないし、人によっては合わない人もいると思います。

 

だからぼくは糸島が好きだけど

あなたに合うかはわからない

 

糸島に来てくれたらうれしいけど、移住って人生が大きく変わることだからこそ、ぼくの価値観を押しつけたくはないんです。

 

あなたの目で見て、心で感じてほしいんです

 

 

6.とりあえず動いてみる

f:id:motohashiheisuke:20170811220019j:plain

結局は来てみないとわからないこともあるし、住んでみないと見えてこないこともあります。

 

まずはなんでもいいので小さな1歩を踏み出してください。

小さな1歩の積み重ねが、大きな1歩に変わっていくので。

 

 

7.ご縁を大切に

f:id:motohashiheisuke:20170811220443j:plain

ぼくが感じるのは移住するにしろ、しないにしろ、まわりの人がいて「自分」が成り立ってるのかなぁって。

 

だからこそご縁って大切なのかなぁと。

 

糸島に限らずですが地方移住で失敗する原因って、結局のところ人間関係が大きいんじゃないかなぁと感じるんです。

 

ぼくは前職で100人くらいの組織を率いていました。

組織の規模も大きいと日々何かしら問題が起きます。

 

問題が起きたときって9割は人間関係に起因しているんですね。

 

だからこそご縁を大切にすれば、人間関係も自然といいものになってくのでないかなぁ〜と。

 

というのも、ぼくが若いとき、まだギターが下手くそだったなのに、人とのご縁で演奏の仕事をいただいたりしてたんですね。

 

だからほんと人と人とのつながり、ご縁って大切だなぁと感じてたんです。

めぐりめぐってそのスタンスは仕事にも役に立ったり、移住したあとにも......

 

ぼくが伝えたい7つのことまとめ

f:id:motohashiheisuke:20170811215925j:plain

(写真 福田和貴

 

今日は移住について具体的なことはなかったかもしれません。

が、個人的には大切なことかなぁと思って書きました。

 

とは言え改めて読み返してみると、

  • 今の自分も大切にした方がいいこと
  • 忘れてはいけないこと

なのかなぁと......

 

自分への言葉としても送りたいと思います。

 

移住に限らずですがこの文章で、誰かの人生が少しでも色づいたならうれしいな。

 

関連カテゴリー

地方移住 カテゴリーの記事一覧 - 愛しの糸島ライフ

糸島移住 カテゴリーの記事一覧 - 愛しの糸島ライフ

エッセイ カテゴリーの記事一覧 - 愛しの糸島ライフ

愛しの糸島ライフ

愛しの糸島ライフ

福岡県 糸島市

@heisuke335

 https://www.facebook.com/groups/1426201467644758/

 heisuke335

2013年6月、東京から福岡県糸島市へ移住。 今まで住んだ場所は 東京→愛知→京都→東京→福岡市内→大阪→東京→糸島 移住をしたい人の9割は会社勤めの人なのに、移住メディアで取りあげられる人は、自分で仕事を創れる人ばかり。 会社員の方でも無理なく移住できる方法や、糸島情報中心に執筆。

«

»

Translate »
Translate »