絶品塩パンとふっかちゃんに会える!道の駅はなぞの

関越自動車道 花園ICのそば、長瀞・秩父へ通じる国道140号線沿い。 秩父方面から東京方面に帰る道沿 […]

さいたま新都心そばのJust Coffeeはゆったり仕事も捗る電源カフェ。

さいたま新都心のコクーンから与野駅方面にかけては、新しいマンションが林立して急速に街が発展しています。 その住宅街の一角に、イマドキでありながら本格的な珈琲が味わえるカフェ「Just Coffee」がオープンしました。 […] ・・・続きを読む⇒

さくら野百貨店にて「わたしのドールワンピース」にぎやかに開催しました


白いワンピースにスタンプでもようづけ中

白いワンピースにスタンプでもようづけ中


さくら野百貨店弘前店のリニューアルオープン記念イベントのひとつで開かれた「春支度の手しごと教室」、最終日に「わたしのドールワンピース」ワークショップを開催しました。

12人の女の子たちが、自分で選んで好きなもようをつけていったワンピース。

素敵な作品ぞろいなので、表裏両方をいっきにご紹介します♪

さくら野弘前店「春支度の手しごと教室」で「わたしのドールワンピース」

4月20日(木)から、さくら野百貨店弘前店のリニューアルオープン記念イベントが始まっています。

その中で、10人のハンドメイド作家がワークショップを開催する「春支度の手しごと教室」に、キセカエヤも参加させていただきます。



春支度の手しごと教室

春支度の手しごと教室フライヤー


キセカエヤは23日(日)のみ、10時~16時までです。

なお、他の日程のワークショップは10時~20時まで開催しています。

詳しくは移動雑貨店SkipさんのFacebookページをご確認ください。

さくら野百貨店弘前店さまのFacebookページでも、初日のことが紹介されていました。

リカちゃんキャッスルのショップからなりきりドレスまで、ずずっとご紹介!

福島県のリカちゃんキャッスル旅行記、最後の記事です。…6つも書いてしまった。

キャッスルに入ってすぐ左手側奥に、リカちゃんショップがあります。



リカちゃんキャッスル内リカちゃんショップ

リカちゃんキャッスル内リカちゃんショップ


リカちゃんキャッスルオリジナル商品はもちろん、タカラトミー社製品、福島のおみやげなど、色々と買えますよ。

ほか、なりきりドレスやおままごとができるお部屋、男子向けのプラレールのお部屋も見てきました。

リカちゃんキャッスルギャラリー「オリジナルコレクションDX」がデラックス過ぎてクラクラ

リカちゃんキャッスル2階、お人形教室コーナーの向かい側に昨年リニューアルされた「リカちゃんキャッスルギャラリー」があります。

そこだけはピンクの世界ではなく、モノトーンの美術館のようなたたずまい。

ちょっと違う雰囲気をはなっています。

リカちゃんキャッスル旅行記も5回目。

今回はそのギャラリーのご紹介です。

リカちゃんキャッスルで7歳息子と「自分だけのリカちゃん」つくってみた


リカちゃんキャッスル内「お人形教室」

リカちゃんキャッスル内「お人形教室」


さて、リカちゃんキャッスルの中の工場で作られたリカちゃんが、よりどりみどりで選べる人気のコーナー「お人形教室」へ移ります。

このお人形教室は、リカちゃんキャッスルの地方出張イベントでも大人気。

2~3千円台でかわいい国産のリカちゃんとドレス・小物が選べます。

なかなか見かけないようなヘアカラーのリカちゃんもたくさんいましたよ。

リカちゃんキャッスルの工房見学から見えるリアル


リカちゃんキャッスル内のファクトリー見学コーナー

リカちゃんキャッスル内のファクトリー見学コーナー


リカちゃんキャッスルは国内初のお人形のオープンファクトリーです。

オープンファクトリー、つまり、開放された工房。

リカちゃんを作っている現場を、窓から見学することができるのです。

さて、今回のリカちゃんキャッスル旅行記は、けっこうリアルなお話し。

まだ小さいお子様には刺激が強いかもしれませんので、ご注意を。

リカちゃんキャッスル旅行記、ジェニーとたくさんのフレンズ展示編


リカちゃんキャッスル旅行記第2話はジェニーの展示編です。

前回はキャッスル入城までとリカちゃんの歴史展示編でした。


福島県小野町・リカちゃんキャッスルで50年の歴史をながめてきました | キセカエヤ blog

キセカエヤ blog

3月の春休みシーズン、夫と7歳の息子と3人で、福島県小野町にあるリカちゃんキャッスルに行ってきました。 お人形ファンからは「お城」と呼ばれる、いわば聖地。 同じ東北地方と言えど、…


小学生のリカちゃんと違って、ジェニーは17歳の高校生。

ファッションもだいぶリアル志向です。

では、ジェニーとたくさんのフレンズたちの美しい姿をご覧ください。

福島県小野町・リカちゃんキャッスルで50年の歴史をながめてきました

3月の春休みシーズン、夫と7歳の息子と3人で、福島県小野町にあるリカちゃんキャッスルに行ってきました。

お人形ファンからは「お城」と呼ばれる、いわば聖地。

同じ東北地方と言えど、青森県弘前市からは片道500kmを超えるドライブです。

旅中のツイートは親ブログにまとめています。


青森県から福島県まで往復1,084kmの家族旅行! 3日間のつぶやきまとめます | さいとうサポート

さいとうサポート

北東北の青森県から南東北の福島県まで、宮城にも寄りながらの2泊3日の旅行中のつぶやきをまとめました。


さて、前日に郡山市で一泊したわたしたち、なぜかこんな日に限って大雪が降る中を小野町へ向かいます。



どう見ても冬道

どう見ても冬道


おかしい。

昨日は「もう福島はすっかり雪がないねぇ」って話していたのに。

どう見ても雪の山奥を進む県道をドライブすること約1時間。

突然、目の前にお城があらわれました!!



リカちゃんキャッスル外観(表側)

リカちゃんキャッスル外観(表側)


おおっ!?ってみんな声出たぐらい突然でした。

さて、いよいよ初めてのリカちゃんキャッスルです!

Translate »
Translate »