作り手と話すことで購入につながった、1度に6瓶しか作れない「ななほフルーツジャム」を購入 #大台町PR

この記事はめ~んずスタジオ - グルメの「作り手と話すことで購入につながった、1度に6瓶しか作れない「ななほフルーツジャム」を購入 #大台町PR」より許可を得て転載しています。
photo-3

100種類以上の三重グルメを買える食の販売会「サバーブ松阪『食』の商談・展示販売会 in 東京」が2018年1月13日(土)、東京・日本橋の三重テラス2階で開幕しました!開催期間は1月14日(日)まで。

先日は準備中の様子を取材させていただいて、あぁ~地域の物産展はこんな感じで準備するのかと、とても興味深い体験をさせてもらいつつレポートしたんですが、今回は開催1日めの様子をレポート!昼過ぎからお客さんがドッと増え、商品を買い求める人で賑わいました(^^)



会場では松阪市と周辺地域がブースを構え、それぞれの名産品を販売。かなりたくさんの試食も実施していて、訪れるだけでも十分に楽しめます!

さて、各町のブースをふらふらと見ていくと。。。大紀町(たいきちょう)ではハッピに「大紀圏突入!」ってダジャレか(笑)せっかく目に止まったので大きく取り上げることにしましょう(≧∇≦)/



大紀町の奥伊勢ななほ農園さんが原料の栽培から製造までやってる「ななほフルーツジャム」(567円)は保存料も添加物も一切なしだそうです!果実とグラニュー糖しか入ってない、安心のジャム。味はいちじく、きいちご、キウイの3種類あります。

試食してみたキウイのジャムが最高においしかった!!なんと、大紀町では多くの家庭でキウイを栽培しているんだとか。「こんなん、どの家庭にもなってるで」と言うのは奥伊勢ななほ農園の稲葉仁さん(写真↑)。



しかし、ジャムにするには非常に手間がかかるんだそうです。収穫したキウイは潰したあとに、一度冷凍します。冷凍することで酸っぱさの少ない、甘みのあるジャムが作れるんだとか。ジャムへの加工は注文が入ってからというこだわりよう。

ジャムを受注生産制にしている理由は、もちろん在庫を持たないという利点だけでなく、「注文が入ってからジャムに加工することで保存料を使わず、変色しないジャムをお届けできるから」と稲葉さんは説明します。

ちなみに、奥伊勢ななほ農園さんのジャムはすべて手づくり。特にキウイのジャムは1回にたった6瓶しか作れないレアものです!



なんと、今回はわざわざ「サバーブ松阪『食』の商談・展示販売会 in 東京」に出展するためにわずかな数量だけ生産して持ってきてくれたそうです。その場で購入可能ということで、完全に惚れ込んでしまった僕はキウイのジャムを買っちゃいました♪トーストにつけてもいいし、ヨーグルトとかパンケーキに乗せても絶対に美味い!栽培が難しいという、きいちごのジャムもオススメしていましたよ(^^)


さてさて、そんな「サバーブ松阪『食』の商談・展示販売会 in 東京」で僕が購入した三重グルメはこちら。おいしそうなものがたくさんあったから、全部で5,000円くらい購入しましたよ!

th_写真 2018-01-13 17 31 20


そのまま各町の商品をちょこっとずつご紹介。

大紀町は先ほどの「ななほフルーツジャム(キウイ)」をはじめ、干物はかわはぎ、真鯛、うるめ、カツオ、アジ、タチウオなどもありました!


干物がたくさん!


松阪市の香肌峡(かはだきょう)はこんにゃくが名産。「さしみこんにゃく あおさ」(180円)をダシ醤油につけて試食してみると、これがもうご馳走!値段がお手頃ですし、早く売り切れてしまいそう!


香肌峡の「さしみこんにゃく あおさ」


松阪市は和紅茶も力を入れていますよ。



また、松阪市の「松坂牛ビーフカレー」(250円)、「松坂牛の肉味噌」(600円)など、松阪牛商品が豊富に並んでいます!



大台町の「奥伊勢ゆずのバウムクーヘン」(250円)は買っておこうと思ったので予定通り2つ購入。積木商店さんの「TSUMUKIYUTAKA なつめ缶」(1,300円)は絶対にお土産にピッタリだと思った!


大台町の「TSUMUKIYUTAKA なつめ缶」


ひじきが名産品の明和町のブースでは、あえてひじきではなく「招健美 結びの皇女酢」(2,052円)を購入。ダイエットや高血圧に効くかもしれないとオススメされ、買ってみました。


明和町の「招健美 結びの皇女酢」


フレーバーオイルはパスタやうどんなどさまざまなレシピを公開していて、間違いなくおいしそうだった!



試食してめっちゃおいしかったので購入したのが多気町のヤマザキ椎茸園さんが販売する小さな椎茸「ちーたん」(700円)。これ、水で戻して、その戻し汁と一緒に少量の醤油で煮た物を試食したんですが、これが絶品!!700円でこんなにもたくさんの量が入っているからおトクです♪


多気町の椎茸「ちーたん」


また、同じく多気町の河武醸造さんが作った日本酒「伊勢國酒 鉾杉(ほこすぎ)」がこちら。多気町産の弓形穂(ゆみなりほ)を100%使った、松阪周辺では最もポピュラーなお酒だそうです。もちろん、試飲!クセがなくてスッキリしてて飲みやすくて美味しくておかわりッ!


多気町の「伊勢國酒 鉾杉」



ということで、百数十種類もの美味しいものがいっぱいの「サバーブ松阪『食』の商談・展示販売会 in 東京」は2018年1月13日(土)・14日(日)にともに10時~17時に開催。会場は東京・日本橋にある三重県のアンテナショップ「三重テラス」2階です!

会場での会計はクレジットカードが使えず、現金のみとなっているのでご注意ください。

th_写真 2018-01-13 14 15 32
松阪市のゆるキャラ「ちゃちゃも」がお出迎え





【サバーブ松阪「食」の商談・展示販売会 in 東京】
■主催:三重県 松阪商工会広域連合
■開催日時:2018年1月13日(土)・14日(日) 10時~17時
■入場料:無料
■事前申込:不要
■会場:三重テラス 2階
■住所:東京都中央区日本橋室町 2-4-1 YUITO ANNEX 三重テラス 2階

め〜んずスタジオ

め〜んずスタジオ

東京都

@asuka_xp_com

 https://www.facebook.com/mensstudio/

 asuka_xp

さまざまなジャンルの記事を書きながら、旅企画や地方PRを積極的に行っています。三重県大台町では地域活性化を目的としたタイアップを現在進行中。千葉県南房総や信州・長野の観光PR、福島県の復興PRなども行ってきました。2014年にはBooking.comが開催のグローバルサミットに日本人として唯一招待されたブロガー。

«

»

Translate »
Translate »