[米子]この迫力を見よ「ラーメン つけ麺 今を粋ろ」

この記事は鳥取マガジンの「[米子]この迫力を見よ「ラーメン つけ麺 今を粋ろ」」より許可を得て転載しています。

[米子]お腹いっぱい食べたい人は「ラーメン つけ麺 今を粋ろ」

こんにちは、鳥取マガジン(FacebookTwitterInstagram)です。

 

「今を粋ろ」は、二郎系ラーメンを食べることができるラーメン屋さんです。

 

二郎系ラーメンについて、定義はいろいろあるようですが、「太麺・大きな豚肉・野菜ドカ盛り」という特徴を持つラーメンです。

 

私の知る限り、鳥取県西部で二郎系ラーメンが食べられるお店は、「今を粋ろ」と「笑福」の2店舗です。

 

笑福には行きました↓

[米子市両三柳 ラーメン ランチ]笑福 両三柳店 腹が減ったらうちの来い!ボリュームのあるラーメンとライス無料で食べ放題。

 

今を粋ろ 米子店 アクセス

場所はここ↓

住所は鳥取県米子市西福原1丁目3−25

 

県道317号線沿いです。近くにはすき屋、スマイルホテル米子、米子しんまち天満屋があります。

 

食券制となっているので券売機で券を購入。

 

この日はラーメン300g(750円)を注文しました。400g、500g、600gと選ぶことができます。100g増えるごとに値段は50円ずつUPします。たくさん食べたい方は600gに挑戦してみてください。

 

食券を店員の方に渡すと、お好みで無料のトッピングを追加します。

 

基本の追加トッピングは、ヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメ、トウガラシとなっています。

 

ちょい増しで通常の1,5倍、増しで3倍、増し増しで6倍です。

 

ラーメン300g+ヤサイマシ

ラーメン300g+ヤサイマシを注文しました。マシは通常の3倍です。3倍でこのお山ができました。

 

横から見るとかなりのボリューム感です。麺にたどり着くまでにしばらく格闘しました。

 

麺とヤサイをひっくり返して食べるという「天地返し」という技もあるようですが、僕は上からひたすら食べ続けていきます。まさにラーメンと格闘するといった具合で食べ進めます。

 

やっとのことで麺にたどり着くと、麺の太さに驚かされます。太い。こちらも強敵です。

 

かなり大食いでないと食べられないと思われがちですが、味が濃いのと、食べる気合を入れて行くので、意外とペロッと食べることができるから不思議です。

 

洗練された味というよりも、これぞB級グルメ!というラーメンです。

 

「二郎はラーメンではなく、二郎という食べ物である」という言葉もあるぐらいですから、ラーメンとは別の食べ物と思って行った方が良いかもしれません。

 

自分の食べられるサイズが分かれば、お腹が一杯になること間違いなしです。

 

山盛りラーメンもおすすめですが、期間限定のラーメンもありますので、たくさん食べられない方も問題ありません。

 

お店のTwitterがありますので、チェックしてみてください。


今を粋ろ

住所:鳥取県米子市西福原1丁目3−25
時間:11:30~14:30 / 18:00~22:00
休み:月曜(月曜日が祝日の場合は営業)

鳥取マガジン

鳥取マガジン

鳥取県

@tottorimagazine

 https://www.facebook.com/tottorimagazine/

 tottorimagazine

鳥取の魅力を伝えたい、鳥取に住んでいる人がもっと楽しくなる情報を発信したい。鳥取県外に住む人にも鳥取に来てもらいたい。そんな気持ちで始めた鳥取県米子市発のwebマガジン、ローカルメディアです。 ”鳥取の魅力”を発信するために、2016年4月に運営を開始しました。鳥取県にはたくさんの良いものがあり、良い人がいて、良い場所があります。それらの「良さ」をひとつずつ丁寧にもぎとって、きれいに洗って、生で、料理して、みなさんの前に提供する。そんな仕事をしたいと思っています。 鳥取マガジンの編集長トマルはローカルラジオ「ダラズFM」でラジオパーソナリティをしています。

«

»

Translate »
Translate »