【タイ情報】バンコクにあるアジアティーク・ザ・リバーフロントで一人で観覧車に乗ってみた!高速で5周も回ってくれるサービスでしたよ #AmazingThailand #LoveThailand

この記事はとくとみぶろぐの「【タイ情報】バンコクにあるアジアティーク・ザ・リバーフロントで一人で観覧車に乗ってみた!高速で5周も回ってくれるサービスでしたよ #AmazingThailand #LoveThailand」より許可を得て転載しています。

最近バンコクで人気の買い物スポットと言えばアジアティーク・ザ・リバーフロントが挙げられます。以前僕も雨の中連れて行っていただいたことがありました。
バンコクのアジアティーク・ザ・リバーフロントは何でも揃っている買い物天国!フォトジェニックなスポットもたくさんあるので撮影散歩にも最適ですよ #AmazingThailand #LoveThailand | とくとみぶろぐ

僕は元々買い物をたくさんする方ではないのでエリア内を撮影するのに夢中だったわけですが、その時にひとつとても気になる施設がありました。ただ、その訪問時にはそれに乗る勇気がなかったので見ただけで終わりました。しかしどうしても乗ることが諦められずにタイを再訪した際にまたまたアジアティーク・ザ・リバーフロントに行き、ついに念願のそれに乗ることができました。「それ」とは観覧車のことです!今回はアジアティーク・ザ・リバーフロントの観覧車についてレポートします。

アジアティーク・ザ・リバーフロントとは

アジアティーク・ザ・リバーフロントは2012年4月にオープンした商業施設です。倉庫がリノベーションされ、若者や観光客向けのショップがずらりと並んでいます。

Thailan 22.8.2017

買い物だけでなく、食事やムエタイなどのエンターテイメントも楽しむことができる複合施設です。エリアは10に分かれていて無茶苦茶広いです。

タイへ行こう 2017年6月21日

ここだけでしばらく楽しむことができちゃいますよ。

Sponsored Link

アジアティーク・ザ・リバーフロントの観覧車

さてさて、前回のタイ訪問時に宿題として残ったのがこのアジアティーク・ザ・リバーフロントにある観覧車に乗ることでした。今回の旅では何としても乗りたいと思っていて、そのためだけにアジアティーク・ザ・リバーフロントに再訪してみました。エリア内に入るとどこからでも観覧車は見えるので迷うことなくたどり着くことができることでしょう。まずは船着き場のあたりから。

Thailan 22.8.2017

店舗の隙間から。

Thailan 22.8.2017

そして真下から。

Thailan 22.8.2017

周囲に高い建物がほとんどないので、かなりの大きさに見えますね。

観覧車の料金

まずはチケットを購入しましょう。観覧車の真下にあるこちらの小屋がチケット売り場です。

Thailan 22.8.2017

大人400バーツ、子供250バーツです。僕はもちろん400バーツのチケットを購入しました。

Thailan 22.8.2017

400バーツは日本円で約1300円くらいですね。かなり割高な印象ですよね。

ちなみに、アジアティーク・ザ・リバーフロントの営業開始は16:00からですが、観覧車はこの日は17:00スタートでした。

いざ観覧車へ

僕がこの観覧車に乗りに行ったのは平日のことでしたので、すぐに乗ることができました。

Thailan 22.8.2017

並ばずにすぐ乗りたいならば平日の17:00あたりがいいでしょうね。

Thailan 22.8.2017

観覧車のゴンドラ内

ゴンドラ内に案内されてみると、中は無茶苦茶広いです。

Thailan 22.8.2017

定員は8人と記載がありました。天井部分に緊急呼び出しボタンがありますので、乗り込んだら最初に確認してください。

Thailan 22.8.2017

観覧車からの風景

ゴンドラに乗り込んだらいよいよ回転のスタートです。アジアティーク・ザ・リバーフロントのすぐ隣には寺院があるのがわかりますね。

Thailan 22.8.2017

チャオプラヤ川の雄大な流れも上から眺めることができます。

Thailan 22.8.2017

アジアティーク・ザ・リバーフロントは倉庫をリノベーションした場所なのですが、上から見るとその構造がよくわかります。

Thailan 22.8.2017

どこまでも続くバンコクの街並みは圧巻ですよ。

Thailan 22.8.2017

ここが最高到達地点です。

Thailan 22.8.2017

あえて鉄骨を見てみるのも楽しいですね。

Thailan 22.8.2017

観覧車から動画を撮ってみた

最初は揺れが激しい部分もありますが、動画も撮影してみたので御覧ください。

これを見てみると何かがおかしいのがわかるでしょうか。実は動画に収録されているものだけで4周もまわっているのですよ。最初の1周は動画は撮らずに写真撮影だけで、後の4周を撮っています。そう、5回転もしたのです!400バーツというお値段は高いなというのが最初の印象だったのですが、5周も回ってくれるのであればその料金分は楽しめたかなという感想です。

Thailan 22.8.2017

アジアティーク・ザ・リバーフロントへの行き方

アジアティーク・ザ・リバーフロントへの行き方で最も安上がりなのは、BTSのサパーンタクシン(Saphan Taksin)駅から無料のシャトルボートに乗ることです。

Thailan 22.8.2017

サパーンタクシン駅からは人の流れがあるのでそれについていけば大丈夫でしょう。一応、この自動券売機横の階段を降りれば船着き場に出られます。

Thailan 22.8.2017

この案内板の先が無料シャトルボートの乗り場になります。

Thailan 22.8.2017

ただし、シャトルボートが発着する時間は16:00から23:30までなので御注意ください。

Thailan 22.8.2017

無料のシャトルボート以外には30バーツのYodsiam Shuttle Boat40バーツのチャオプラヤツーリストボートが運行されています。いずれも低価格なので無料にこだわらなければ、船着き場に来たタイミングの船に乗ってもいいかと思います。

または、サパーンタクシン駅で下車したらタクシーに乗ってしまうのも手でしょうね。

まとめ

アジアティーク・ザ・リバーフロントにある観覧車に一人で乗ってきました。日本でも観覧車を見かけたらよく一人でも乗っちゃいますが、タイでも実行してきました(笑)しかも5周も回ってくれたので景色を何度も確認することができました。ネットで調べてみると4周するという情報があったので、この日は平日の昼間ということでサービスで1周多かったのでしょうかね。まあよくわかりませんが、アジアティーク・ザ・リバーフロントの観覧車は何度も回ってくれるということでいいでしょうね。しかも日本の観覧車に比べるとかなりの高速ですよ(笑)観覧車が好きな方もそうでもない方もぜひ乗ってみてください。

アジアティーク・ザ・リバーフロント
2194 Charoen Krung Rd, Khwaeng Wat Phraya Krai, Khet Bang Kho Laem, Krung Thep Maha Nakhon 10120
02-108-4488
16:00-24:00
ASIATIQUE The Riverfront

Copyright © 2017 とくとみぶろぐ All Rights Reserved.

とくとみ

とくとみ

東京都

@tokutomi

 https://www.facebook.com/Tokutomiblog

 tokutomi1029

旅と写真の「とくとみぶろぐ」を運営しております。基本的に旅ブログを書いておりますが、東京の下町の飲食店情報なども多数紹介しております。生まれ育った荒川区や台東区の街歩き案内人もしております。

«

»

Translate »
Translate »